だれでも当たり前に利用する福祉

社会福祉というのは、生活にサポートが必要な一部の人達のためのものという考え方が従来はあったのですが、高齢化や核家族、シングルマザーやシングルファーザーなどが社会問題として扱われるようになり、誰にとっても社会福祉は必要なものだという認識になりつつあります。
誰にとっても必要な社会制度としての福祉行政、地域社会との連携も重要な課題です。
高齢者や障害者、シングルマザーやシングルファーザー、引きこもりやニートなどの問題を考えていくと、社会からの孤立を防ぐというのが重要な課題として浮かび上がってきます。
多様な価値観やライフスタイルに柔軟に対応できる福祉の制度設計、現状の課題を克服するためにはより大胆で抜本的な改革が求められています。