社会福祉の現状と改善について

少子高齢化に伴い、介護や社会福祉サービスに対する世間の関心が高まっています。
介護保険が適用されるようになってからは、介護サービスは健康保険のように誰でも利用しやすいサービスとして知られるようになってきました。
これからも少子高齢化は進んでいくので、介護施設やサービスがさらに必要になってきます。
しかし、介護職に就いている人や社会福祉士の収入は決して高いとはいえず、他業種へ転職してしまう人が多いことが現状であり避けられない問題となっています。
収入面の改善を考慮し、介護や福祉に携わる仕事をしている人への理解が必要です。
そうすることで、今までよりさらに高齢者や障害者のことを考えたより良い介護や社会福祉サービスが提供できるようになります。