福祉関係の仕事の現状について

介護福祉士など、介護に携わる人の仕事は増大しているにも関わらず、人手不足が深刻になっているのが現状です。
介護の仕事に人が集まらない理由として、過酷な仕事であるにも関わらず、それに見合った給料が支給されないことがあげられます。
国は介護福祉士等の介護職に対する金銭的な支援を行うことを表明しており、その財源に消費税を充てるとしています。
この政策が実行されると、介護職に従事している人の給料は上がるため、介護福祉士等の生活の安定と人手不足の解消に繋がることが期待できます。
現状は介護従事者の献身的な博愛精神によって高度な介護サービスが提供されていますが、人員が充足されることにより、より質の高いサービスの提供が期待できます。