社会福祉士の現状はまだまだ厳しいです

少子高齢化により福祉のサービスは様々に多様化しています。
高齢者や介護者に対する社会福祉の国民全体の要求が多様化してきているのです。
それは、すべての国民が利用するサービスとなってきているからでもあります。
今のままの現状では、これからも要望はますます増えていくとされます。
人出不足や施設不足も改善されていかなければ、高齢化の世の中に追いついていかなくなります。
また社会福祉士の年収面では、多くが400万も未満が過半数を占める現状がありとても厳しいものがあります。
若い人が夢を持ってこの仕事を目指すような世の中にならなければなりません。
頑張りを正当に評価されないとやりがいも続けていく意味も感じられなくなります。